連載

人生100年クラブ

人生100年時代を迎えつつある今、「長い老後」への不安が高まっています。備え方や暮らし方を探ります。

連載一覧

人生100年クラブ

闘病経験を生かしたい がん患者同士支え合う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
取材に応じる宮地愛さん(モニター画面の左下)ら3人のピアサポーター。新型コロナウイルス対策のため、オンラインの形で相談者と話すサロンを続けている=千葉市中央区の千葉県がんセンターで
取材に応じる宮地愛さん(モニター画面の左下)ら3人のピアサポーター。新型コロナウイルス対策のため、オンラインの形で相談者と話すサロンを続けている=千葉市中央区の千葉県がんセンターで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 闘病経験を生かして同じ立場の患者や家族を支える「ピアサポーター」が各地で活躍している。国民の2人に1人ががんになると言われる時代。病と付き合いながら生きる人は少なくない。当事者だからこそ共感できる悩みもある。仲間として寄り添い、不安な気持ちに耳を傾ける人たちの取り組みを追った。

 「患者仲間に話を聞いてもらったことが病気に立ち向かう力になった。この経験を皆さんと共有したい」。千葉県地域統括相談支援センターが運営する「ピア・サポーターズサロンちば」で活動する宮地愛さん(73)は2007年に乳がんと診断された。手術後に再発し、患者会に入った。病気について考えるたびに悲観的になったものの、交流が気持ちを整理する一つのきっかけになったという。人とのつながりが癒やしになると気づき、…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1294文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集