特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

通常国会、18日召集 焦点は新型コロナ対策 野党「政治とカネ」で徹底追及

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=東京都千代田区で2017年9月28日、本社ヘリから佐々木順一撮影
国会議事堂=東京都千代田区で2017年9月28日、本社ヘリから佐々木順一撮影

 第204通常国会が18日召集される。緊急事態宣言下で始まる初の国会で、新型コロナウイルス対策が最大の焦点だ。政府・与党は時短営業に応じない事業者への罰則を設ける特別措置法改正案や、2020年度第3次補正予算案、21年度当初予算案の早期成立を目指す。野党は政府対応の「後手」批判とともに、吉川貴盛元農相の汚職事件など「政治とカネ」の問題を徹底追及する構えだ。会期は6月16日までの150日間。

 政府が提出する予定の法案数は63本で、昨年の通常国会より4本多い。デジタル庁設置法案など菅義偉首相の肝いり施策を多数提案するためで、これとは別に昨年の通常国会で廃案となった検察庁法改正案を含む国家公務員法改正案の再提出なども検討している。

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1321文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集