群馬・館林舞台のアニメ「よりもい」、有志がCM 「聖地」放映にファン団結

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「宇宙よりも遠い場所」の作品紹介コーナーを設けている城町食堂。CMスポンサーにも加わった=群馬県館林市城町で2021年1月14日、鈴木敦子撮影
「宇宙よりも遠い場所」の作品紹介コーナーを設けている城町食堂。CMスポンサーにも加わった=群馬県館林市城町で2021年1月14日、鈴木敦子撮影

 かつて「日本一暑い」とされた群馬県館林市を舞台に、世界で最も寒い南極を目指す女子高校生ら4人の成長を描いた青春アニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」(通称「よりもい」、全13話)が、2月1日から群馬テレビで初めて放送される。これを受け、“聖地”での放送決定を歓迎するファン有志がお金を出し合って番組スポンサーになり、CMを出すことになった。ファンの作品への思いが形になった珍しい取り組みだ。

 「よりもい」は2018年1月からTOKYO MXテレビなどで放送されたり、インターネットで配信されたりしたアニメ。国内外で人気を博し、作品に登場するつつじが岡公園や茂林寺(いずれも館林市)などを“聖地巡礼”するファンが後を絶たない。館林市は「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」(アニメツーリズム協会主催)の19、20年版に2年連続で選ばれている。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文1007文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集