平幕・大栄翔、唯一の全勝ターンに自信みなぎる 猛然の突き、素早くかわす

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
輝(左)をとったりで降し、8連勝の大栄翔=東京・両国国技館で2021年1月17日、吉田航太撮影
輝(左)をとったりで降し、8連勝の大栄翔=東京・両国国技館で2021年1月17日、吉田航太撮影

 大相撲初場所8日目は17日、東京・両国国技館で行われ、平幕・大栄翔が幕内唯一の8連勝で中日勝ち越しを決めた。

 横綱不在で役力士たちも星を伸ばせずにいる中、大栄翔が幕内で初めて全勝ターン。「気分がいい」と語る今場所の主役の表情には、自信がみなぎる。

 立ち合いは悪くなかったが、相手も必死。身長193センチの輝の長い手で猛然と突かれて後退し、今場所初めて俵に足が掛かった。だが「焦らず対応できた。体が勝手に動いた」と大栄翔。輝の左腕をたぐ…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集