阪神大震災当日生まれの照強、けがに負けず健闘 「相撲で勇気づけたい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊山との取組前に塩をまく照強=宮武祐希撮影
豊山との取組前に塩をまく照強=宮武祐希撮影

 大相撲初場所8日目は17日、東京・両国国技館で行われた。

 26年前の阪神大震災当日に生まれた照強は、今場所の序盤に左上腕を負傷した影響もあり、佐田の海に中に入れてもらえず、最後は送り出され、5敗目を喫した。特別な日を白星で飾れなかったが、「元気に相撲を取ることが大事」と、土俵でけがに負けずに戦う姿…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集