特集

おとなの週末

覆面取材で見つけた旨いお店の情報を掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』公式サイト(講談社ビーシー)からの提供記事を掲載しています。

特集一覧

おとなの週末

南大塚のインド料理屋さんのカレーはスパイス調合が絶妙!予約が取りづらい超人気店!

情報提供おとなの週末

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

インド料理好きで、この店を知らない人はいないんじゃないだろうか。圧巻はタンドール。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

カッチャル バッチャル(最寄駅:大塚駅)

日本人シェフによるインドカレーシーンの代名詞的な存在

名物「仔羊のシークカバブ」たるや、これだけ美味しくされたら羊も本望だ。カレーは定番の「バターチキン」と悩むが、暑い時季はこっちかな。「チキンアッチャーリーカレー」。田村シェフ曰く「これを選ぶ人は大体お酒好き」。青唐辛子の辛さにヒィヒィ、なのに手は止まらない。「ビールお代わり!」となるのは当然ですね。日本人によるインド料理店は、ここ数年でずいぶんと増えた。が、この店の予約はオープンから10年、ずーっと変わらず取りづらい。

チキンアッチャーリーカレー

1000円 c5b6e7ad8addb187fb93e5906bdf5b56 青唐辛子やスパイスシードの爽快な刺激、骨付き鶏のコクが一体となった絶品スープカレー

仔羊のシークカバブ、チキンマライティッカ(3ヶ)、骨無しタンドリーチキン(3ヶ)、じゃばらビール

700円、510円 ※写真は2個、510円、600円 1c42e0f33b9cf7e5a3f200b83ec287a1 ラム肉を塊で仕入れ、包丁で丁寧に粗挽きにして焼き上げるシークカバブ。薬味のミントチャツネが名脇役。肉とスパイスの旨みが弾けるタンドール料理には、和歌山産の柑橘酒「じゃばら酒」のビール割りがおすすめ

お店からの一言

c08c46e168f3f2d4612d71995b0eef44 オーナーシェフ 田村修司さん 「来てくださる全員のお客様に喜んでもらえる店を目指しています」

カッチャル バッチャルの店舗情報

2f61c75f5ffce8f59eb89924db0c8599 [住所]東京都豊島区南大塚3-2-10 林ビル2階 [TEL]03-5954-5551 [営業時間]17時~23時(22時15分LO) [休日]日 [席]カウンターあり、全18席 /全席禁煙/予約可(電話は12時~17時の間が望ましい)/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか大塚駅南口から徒歩7分

電話番号 03-5954-5551
2019年7月号発売時点の情報です。 ※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

関連記事

個性豊かな初上陸系サンドおススメ3軒のひとつ「Guzman y Gomez 」(メキシコ料理/原宿)

マシューコウズ・バッファローカフェ(アフリカ料理/五反田)|優しい味わいのカンバ族家庭料理

[ミシュミシュ] 中東料理とワインで楽しむ(中東料理/銀座)

台湾麺線(台湾料理/新橋)|熱々の麺線をレンゲでツルッ!

ペナンレストラン|醤油ベースのチリを利かせたピリ辛味のペナン島発祥の麺料理(マレーシア料理/芝公園)

あわせて読みたい

注目の特集