特集

サッカーキング

株式会社フロムワンのサッカー情報サイト「SOCCER KING」から、コラム、選手インタビュー、試合リポートなどサッカーにまつわるあらゆるニュースを配信。

特集一覧

サッカーキング

劇的同点弾! シュトゥットガルトがボルシアMGに追いつく…遠藤航はフル出場

情報提供サッカーキング

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
シュトゥットガルトとボルシアMGが対戦した [写真]=Getty Images 拡大
シュトゥットガルトとボルシアMGが対戦した [写真]=Getty Images
 ブンデスリーガ第16節が16日に行われ、MF遠藤航が所属するシュトゥットガルトとボルシアMGが対戦した。遠藤は開幕から17試合連続となるフル出場を果たした。

 前節のアウグスブルク戦に4-1で勝利した10位シュトゥットガルトとバイエルンを3-2で下した7位ボルシアMGの一戦。上位浮上を狙う両チームの勝ち点差は3ポイントとなっている。試合はシュトゥットガルトのホームで行われた。

 ボルシアMGは34分、シュトゥットガルトのボルナ・ソサのファウルによりPKを獲得すると、35分、これをラース・シュティンドルが冷静にゴール左上に決め、先制した。1点ビハインドで後半へ折り返したシュトゥットガルトは55分、CKからヴァルデマール・アントンが右足でシュートを放つが、相手ディフェンダーにブロックされた。

 シュトゥットガルトは58分、試合を振り出しに戻す。自陣でボールを奪った遠藤が攻撃のスイッチを入れると、左サイドへ展開する。ソサのクロスにニコラス・ゴンザレスが飛び込みながらヘディングで合わせ、同点とした。しかし、ボルシアMGもすぐにリードを奪う。スルーパスを受けたデニス・ザカリアが独走し、そのままゴール左に流し込んだ。

 ボルシアMGは67分、左サイドを抜けたアラサン・プレアが狙ったが、わずかにゴール右に外れた。シュトゥットガルトは68分、ゴンサロ・カストロがエリア手前からミドルシュートを試みるが、ぎりぎりのところでマティアス・ギンターにブロックされた。シュトゥットガルトは83分、右サイドのCKからダニエル・ディダヴィがヘディングで合わせるが、GKにキャッチされた。

 シュトゥットガルトは試合終了間際の後半アディショナルタイム6分、サーシャ・カライジッチが相手エリア内で倒されてPKを獲得すると、これをサイラス・ワマギトゥカが決め、土壇場で同点に追いついた。試合はこのまま終了。シュトゥットガルトが終了間際に追いつき、勝ち点1ポイントをもぎ取った。ボルシアMGは勝ち点2ポイントを落とす形となったが、暫定6位に浮上している。

 次節、シュトゥットガルトは20日にアウェイでビーレフェルトと、ボルシアMGは19日にホームでブレーメンと対戦する。

【スコア】
シュトゥットガルト 2-2 ボルシアMG

【得点者】
0-1 35分 ラース・シュティンドル(PK/ボルシアMG)
1-1 58分 ニコラス・ゴンザレス(シュトゥットガルト)
1-2 61分 デニス・ザカリア(ボルシアMG)
2-2 90+6分 サイラス・ワマンギトゥカ(PK/シュトゥットガルト)

【関連記事】
元マンUのルーニー、事実上の現役引退…英2部ダービーの監督に正式就任
C大阪が2021シーズンの背番号を発表! 新加入MF原川は「4」DF進藤は「3」に決定
7年ぶりJ1復帰の徳島が新体制を発表! 川崎Fから新加入のFW宮代は「11番」に決定
札幌、ペトロヴィッチ監督&杉浦コーチが手術…サポーターへエールを呼びかける
鳥栖が新体制&選手背番号を発表! プロ3年目のMF樋口雄太が新たな「10番」に

あわせて読みたい

注目の特集