特集

サッカーキング

株式会社フロムワンのサッカー情報サイト「SOCCER KING」から、コラム、選手インタビュー、試合リポートなどサッカーにまつわるあらゆるニュースを配信。

特集一覧

サッカーキング

サンプドリア、ウディネーゼに逆転勝利! 吉田麻也は5戦連続先発出場

情報提供サッカーキング

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウディネーゼに逆転勝利したサンプドリア [写真]=Getty Images 拡大
ウディネーゼに逆転勝利したサンプドリア [写真]=Getty Images
 セリエA第18節が16日に行われ、DF吉田麻也が所属するサンプドリアとウディネーゼが対戦した。吉田は5試合連続でスタメン入りを果たして、センターバックでフル出場を果たした。

 ホームのサンプドリアはここまで6勝2分9敗で11位に位置しており、前節は格下のスペツィアに敗れている。一方アウェイのウディネーゼは4勝4分8敗で15位となっており、第12節でクロトーネと引き分けてから直近6試合勝ち無しの状況が続いている。

 サンプドリアは27分、ヴァンレリオ・ヴェッレがこぼれ球を拾うと、アントニオ・カンドレーヴァが右サイドでボールを受け取る。カンドレーヴァはボックス内のファビオ・クアリャレッラに横パスを出すと、クアリャレッラはワンタッチでシュート。しかし、このシュートはGKフアン・ムッソが止める。

 直後の29分、ウディネーゼはウォレスのクロスにゴール前のケヴィン・ラザーニャが右足で合わせる。これをGKエミル・アウデロが防ぐと、こぼれ球をミッケル・ダムズゴールが押し込む。このシュートもGKが止め、得点とはならない。41分にはロドリゴ・デ・パウルがペナルティエリア外から強烈なロングシュートを放つが、惜しくもポストに弾かれる。前半を両チームスコアレスで終える。

 後半に入ると55分、ウディネーゼが先制に成功する。デ・パウルはエリア外からミドルシュートを放つとボールは相手DFに弾かれ、こぼれ球を拾ったデ・パウルはゴール前から再度シュートを放つ。今度はGKが防ぐが、最後はデ・パウルが押し込みゴールを決めた。

 追いつきたいサンプドリアは64分、左コーナーキックの流れからペナルティエリア内でカンドレーヴァが倒されてPKを獲得。67分、PKキッカーを務めたカンドレーヴァはゴール中央に決めて、サンプドリアが同点に追いついた。

 さらに81分、ガストン・ラミレスのパスを左サイドで受け取ったトマソ・アウジェッロがゴール前にクロスを供給。エルネスト・トログロッサは空中戦に競り勝ちヘディングで合わせると、ボールをゴール右に決まり、サンプドリアが逆転に成功した。

 このまま試合は終了して、2-1でサンプドリアがウディネーゼに逆転勝利を収めた。この結果、サンプドリアは暫定10位に浮上。ウディネーゼは2連敗を喫し、7試合勝ち無しとなった。

 次節、サンプドリアは24日にアウェイでパルマと対戦し、ウディネーゼは20日にホームでアタランタと対戦する。

【スコア】
サンプドリア 2-1 ウディネーゼ

【得点者】
55分 0-1 ロドリゴ・デ・パウル(ウディネーゼ)
67分 1-1 アントニオ・カンドレーヴァ(サンプドリア)
81分 2-1 エルネスト・トログロッサ(サンプドリア)

【関連記事】
●岡崎のほかに誰がいる? オーバー30でリーガ1部デビューを飾った選手たち
●新天地がヘタフェに決定した久保建英…新同僚たちを一気に紹介
●アグエロ、ヘンダーソン、ノイアーら…クラブ在籍10年目を迎えた選手たち
●2020-21シーズンの注目選手/セリエA編
●サッカー界を彩ってきた男たちとのお別れ…2020年に現役を引退した海外選手20名

あわせて読みたい

注目の特集