連載

見上げてごらん

科学や医療を巡るあらゆる出来事を永山悦子・医療プレミア編集長兼論説室が読み解きます。

連載一覧

見上げてごらん

医療崩壊を防ぐ道=永山悦子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する日本医師会の中川俊男会長=東京都内で6日午後
記者会見する日本医師会の中川俊男会長=東京都内で6日午後

 「新型コロナウイルスに関する保健所の調査を拒否すれば罰金」「入院勧告に従わなければ懲役刑」「休業命令に従わない飲食店には過料」。コロナ対策の特措法改正で検討されている罰則だが、なんだかもやもやする。どんなに個人や事業者が努力しても、罰則を科しても、このウイルスを完全に抑えることはできないから。

 目下の最大の問題は、病院の受け入れ能力が満杯になりつつあることだ。中川俊男・日本医師会会長は「医療崩壊を防ぐには、感染者を減らす他に道はない」と、菅義偉首相に緊急事態宣言の再発令を促したという。そして、緊急事態宣言の発令後、菅首相は繰り返し国民に協力を呼びかける。

 だが、効果的なワクチンができて接種が広がるまでは、感染者の増減は繰り返すだろう。今後、感染者が増えた場合も国民の努力に頼るしか道はないのか。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文938文字)

あわせて読みたい

注目の特集