連載

Shall・we・バレエ?

バレエを巡るあれこれをつづります。

連載一覧

Shall・we・バレエ?

コロナ禍、ノアの箱舟とは=斉藤希史子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ペンギン・カフェ」より=長谷川清徳撮影
「ペンギン・カフェ」より=長谷川清徳撮影

 大みそか。太田倫功が主演する仏ボルドー・オペラ座バレエの無観客公演「ラ・シルフィード」の配信が、土壇場で取りやめになった。世界中のファンが画面に見たものは晴れ舞台ではなく、「新型コロナウイルスの感染者が出た」との字幕。見えない脅威に翻弄(ほんろう)された2020年を象徴する幕切れとなってしまった。

 太田によると、ロックダウンに伴い閉鎖された劇場で、それでも同公演はひっそりと続けられ、この日が千秋楽だった。連日がらんとした客席に「せめても」と、劇場関係者50人ほどが散らばっていたという。国立の団体としてダンサーとスタッフの心技体を保ち、文化の火を守るために「ショー・マスト・ゴー・オン(興行を続けよ)」を貫きたかったに違いない。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1197文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集