特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

トランプ氏、20日に任期終了 米大統領、退任後も影響力

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
連邦議会議事堂への侵入事件前に、支持者集会で発言するトランプ米大統領=ワシントンで2021年1月6日、AP
連邦議会議事堂への侵入事件前に、支持者集会で発言するトランプ米大統領=ワシントンで2021年1月6日、AP

 トランプ米大統領が20日、4年間の任期を終えて退任する。6日の連邦議会乱入事件を受けて2度目の弾劾裁判手続きが進むなど、任期の最後まで波乱続きだったトランプ氏。退任後にはどんな活動を行うのか。過去の大統領経験者の例を振り返りながら探った。【秋山信一】

図書館建設が伝統

 現行制度では、退任後の大統領には閣僚給与と同額(現在は約22万ドル=約2280万円)の大統領年金が支給される。公金で家具付きの事務所が用意されるほか、自身やスタッフの交通費として年最大100万ドルが支給される。大統領経験者は終身、シークレットサービスによる警護も受けられる。

 1940年代から退任した大統領の伝統となっているのが、記念図書館の建設だ。78年の大統領記録法で、大統領の文書は公文書として扱われると規定された。退任後5年を過ぎると、図書館所蔵の文書は原則として情報公開の対象となり、歴史を後世に伝える役割を果たす。

この記事は有料記事です。

残り1778文字(全文2176文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集