スピードスケート 全日本選手権 渡辺2連覇

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権最終日は17日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターで男女各2種目が行われ、前日の2種目を合わせて男子は2018年平昌冬季オリンピック代表の渡辺啓太(阪南大職)が2大会連続3度目、女子は21歳の山名里奈(山梨学院大)が初の総合優勝を果たした。…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集