卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石川に敗れ、席から立ち上がれない伊藤=久保玲撮影
石川に敗れ、席から立ち上がれない伊藤=久保玲撮影

 卓球の全日本選手権最終日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、東京オリンピック代表同士の決勝となった女子シングルスは石川佳純(全農)が伊藤美誠(スターツ)に4―3で逆転勝ちし、5大会ぶり5度目の日本一に輝いた。準決勝では16歳の木原美悠(エリートアカデミー)を4―2で退けた。

 準決勝で前回女王の早田ひな(日本生命)に4―3で競り勝った伊藤は決勝では3―1から3ゲームを連取され、2大会ぶりの優勝を逃した。

 男子シングルス決勝は及川瑞基(木下グループ)が森薗政崇(BOBSON)に4―3で競り勝ち、初優勝を果たした。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文711文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集