首相施政方針、参院が初の手話つきネット中継 通訳者用スタジオ新設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
施政方針演説に臨む首相。参院のインターネット中継には、手話通訳もついた=18日午後4時15分、小山由宇撮影
施政方針演説に臨む首相。参院のインターネット中継には、手話通訳もついた=18日午後4時15分、小山由宇撮影

 参院は18日、本会議場で行った菅義偉首相の施政方針演説に手話通訳をつけてインターネット中継した。国会審議の配信では初めての試み。「バリアフリー化」を加速させ、国民に「開かれた国会」を目指す。

 参院は工事費やカメラ機材などに約2350万円をかけ、手話通訳者のための専用スタジオを新設。本会議場の中継に、スタジオの映像を重ねて配信した。通訳者の確保などの…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

注目の特集