新型コロナ 特措法改正案の罰則に粗さ 国民の権利後退の懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の新型コロナウイルス感染症対策本部などの合同会議であいさつする下村博文政調会長(中央)=同党本部で18日午前
自民党の新型コロナウイルス感染症対策本部などの合同会議であいさつする下村博文政調会長(中央)=同党本部で18日午前

 政府は新型コロナウイルス対策を強化するため、新型インフルエンザ等対策特別措置法などの改正案を、18日召集の通常国会に提出する。営業時間短縮に応じない事業者などへの罰則を設けるが、人権に配慮しながら実効性をどう持たせるかが議論になる。

強権批判招きかねない罰則強化に及び腰だった政府

 政府がこの日示した特措法改正案は、営業時間の短縮に応じた飲食店などへの行政支援を「講ずるものとする」と義務化し、13日に示した原案の「講ずるよう努める」より表現を強めた。

 支援は…

この記事は有料記事です。

残り2363文字(全文2593文字)

あわせて読みたい

注目の特集