広島原爆資料館の地球平和監視時計「49日」に 昨年の米臨界前核実験で修正

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
平和記念公園周辺。原爆ドーム(真ん中奥)の周囲は緑地になり、近接して高層ビルが林立する=広島市中区で2020年11月3日、本社ヘリから北村隆夫撮影
平和記念公園周辺。原爆ドーム(真ん中奥)の周囲は緑地になり、近接して高層ビルが林立する=広島市中区で2020年11月3日、本社ヘリから北村隆夫撮影

 トランプ米政権が2020年11月に臨界前核実験をしていたことが米国立研究所の文書で明らかになったのを受け、広島原爆資料館(広島市中区)は18日、最後に実施された核実験からの日数を示す「地球平和監視時計」を修正した。米国が19年2月にした前回の臨界前核実験から「705日」と表示されていた。実施日が不…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

あわせて読みたい

ニュース特集