連載

未来を生きる君たちへ

「ウメサオタダオの時代から未来を見る」をテーマに、山極寿一京大前学長が開いた特別授業を再現する。

連載一覧

未来を生きる君たちへ

山極寿一氏の特別授業/1 体験から「知」学ぼう 民族学者・梅棹忠夫 自由で柔軟な発想示す /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
特別授業をする京都大の山極寿一前学長=京都市左京区の京都府立洛北高で、小田中大撮影
特別授業をする京都大の山極寿一前学長=京都市左京区の京都府立洛北高で、小田中大撮影

 「ウメサオタダオの時代から未来を見る」をテーマに、ゴリラ研究の世界的権威でもある山極寿一・京都大前学長が、府立洛北高(京都市左京区)で2020年12月10日に開いた特別授業。洛北高の前身・旧制京一中OBで民族学者、梅棹忠夫(1920~2010年)を中心とした「新京都学派」の潮流を、自らも系譜に位置する山極氏が語り尽くした。2時間近くに及んだ授業の様子を、紙面で4回にわたり再現する。【構成・小田中大】

 今から50年前、私が京都大に入った1970年は特別な年で、万国博覧会が大阪で3~9月にあり、11月には三島由紀夫が割腹自殺する事件がありました。当時は高校紛争といって日本中の高校生が自分の未来や社会に大きな疑義を抱き、デモや集会を開いて語り合った時代でした。私は唯々諾々と京大に入学したが、選択するまでにはいろんなことを考えました。

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1581文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集