府立高の今後のあり方審議を 府教委が諮問へ /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 府立高校の今後のあり方について府教委は18日、教育委員会議を開き、府学校教育審議会に諮問することを決定した。少子化で入学募集定員に満たない府立高が増加するほか、知的障害など支援を必要とする生徒が増加。支援が十分に行き届いていないという課題があり、府立高のあるべき姿について審議してもらう。

 府学校教育審議会は、学校教育についての…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文257文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集