疫病退散願う「アマビエ」も 川湯温泉・ジャンボ張り子 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大塔川につるされたジャンボ張り子=和歌山県田辺市本宮町川湯で2021年1月14日午後3時47分、竹内之浩撮影
大塔川につるされたジャンボ張り子=和歌山県田辺市本宮町川湯で2021年1月14日午後3時47分、竹内之浩撮影

 田辺市本宮町の川湯温泉で、新春恒例のジャンボ張り子が大塔川(幅約60メートル)をまたぐしめ縄につり下げられている。新年のえと「丑(うし)」にちなんだ「赤べこ」や疫病退散の言い伝えがある妖怪「アマビエ」、豊漁を願う長さ5メートルのアユなど8点が観光客を楽しませている。

 12日に営まれた川湯十二薬師祭に合わせ…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文356文字)

あわせて読みたい

注目の特集