特集

核兵器禁止条約

核兵器開発などを初めて全面的に禁じる核兵器禁止条約が1月22日に発効しました。核軍縮の前進につながるか注目されています。

特集一覧

核禁条約22日発効 核兵器のない未来を 長崎・広島にゆかりの若者 著名人の声をネットで配信 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

国内外に関心広がれ

 核兵器の開発や保有などを禁じる核兵器禁止条約が発効するのを契機に、核問題への関心を広げようと、広島と長崎にゆかりのある若者らが「すすめ!核兵器禁止条約プロジェクト」を始めた。自分たちや賛同した著名人の声をインターネットで発信。「核兵器のない未来をつくるチャレンジに参加を」と呼び掛けている。

 メンバーは東京都や松山市の大学に通う被爆地出身の学生や、広島市在住の会社員ら約20人。各地で平和活動に取り組む中で、条約の存在や意義が知られていないと感じ「世論を盛り上げたい」と昨年12月にオンラインで集結した。広島県福山市出身の慶応大2年、高橋悠太さん(20)は「条約を武器に『未来は変えられる』と伝えたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文519文字)

【核兵器禁止条約】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集