特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

火論

セレブ政治の時代に=大治朋子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <ka-ron>

 バイデン次期米大統領の就任式(20日)で歌手のレディー・ガガさんが国歌を歌う。

 米国の大統領就任式に大物歌手が登場するのはもはや近年の定番だが、政治家自身がセレブ(有名人、芸能人)化する流れもこの20年ほど欧米で加速しているという。

 英国立サルフォード大学でメディア心理学を教えるシャロン・コーエン博士によると、そこには少なくとも三つのパターンがある。(1)(レーガン元米大統領のように)政界に入る前からすでにセレブだった政治家(2)(オバマ前大統領のように)セレブっぽい雰囲気を持つ政治家(3)ゴシップが多く、図らずもセレブ的に扱われる政治家。

 トランプ大統領は就任前からテレビに出演し、醜聞が尽きないタレント的な存在でもあったので(1)(2)(3)のいずれにも当てはまりそうだ。またこれとは別に、セレブに加勢を頼む政治家も増えているという。バイデン氏もガガさんに応援演説に来てもらっていた。こうして見ると確かに「政治とセレブの境界線はあいまい化している」(コーエン博士)。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文1038文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集