特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ ブラジル、変異株流行か 北部で医療崩壊、WHO警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの患者を軍機に乗せようとする軍や医療関係者たち=ブラジル北部マナウスで2021年1月15日、AP
新型コロナウイルスの患者を軍機に乗せようとする軍や医療関係者たち=ブラジル北部マナウスで2021年1月15日、AP

 南米ブラジル北部アマゾナス州で新型コロナウイルス流行の「第2波」が深刻化し、医療体制が事実上、崩壊している。現地から日本に入国した感染者から確認された新たな変異株が猛威を振るっている可能性がある。世界保健機関(WHO)は15日、同地の窮状を「警告」ととらえ、各国に警戒を呼びかけた。

 「病院システムは崩壊していると思う。非常に深刻だ」。ブラジルのパズエロ保健相は14日、アマゾナス州内の医療資源が集中する州都マナウスで医療崩壊が起きていると認めた。マナウスでは9日から毎日、200人以上のコロナ患者が入院し、ほとんどの病院は受け入れ体制が限界に達した。人工呼吸器用の酸素不足を起因にして、死者が相次ぎ、入院が必要な約500人も自宅待機を強いられている。15日には、マナウスから重症患者約240人の州外搬送を開始。コロナ治療以外の医療サービスの悪化も深刻で、一時は未熟児60人を州外へ移送することも検討された。

 新型コロナの死者が世界で2番目に多いブラジルの中でも、マナウスでの流行は深刻だ。英オックスフォード大学などの研究グループは昨年9月、住民の6割以上が感染して抗体を持ち、流行が収束に向かうとされる「集団免疫」に達したとの調査結果を明かした。だが、一時下火だった流行は11月ごろに再燃。年末年始の休暇シーズンを挟んだ今、「第2波」のまっただ中にある。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文1061文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集