電通、経産省応札を再開 規定改定「透明性確保」 持続化給付金問題で20年7月中止

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
電通東京本社=東京都港区
電通東京本社=東京都港区

 電通は19日、経済産業省が実施する新規事業への応札を再開すると発表した。電通が請け負った新型コロナウイルス対策の持続化給付金事業が問題視されたため、昨年7月から中止していた。国や自治体からの受託事業に関する社内規定を改め、「業務の公明性、透明性の確保に努めていく」としている。

 今後、国や自治体の事業には専門事務局を…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文294文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集