維新、衆院「沖縄北方」など特別委の整理要求 無駄削減で改革姿勢アピール

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 日本維新の会が九つある衆院特別委員会を整理するよう求めている。開催実績が少ないものも多く、「無駄が多い」と見るためで、今国会ではいずれの特別委存続にも反対した。与党寄りの立場をとることが多い維新だが、国会の無駄を省く姿勢を示して存在感をアピールしたい考えだ。

 特別委は、予算委員会などの常任委員会と異なり、衆院規則に基づき会期ごとに設置が議決される。馬場伸幸幹事長は18日、設置が決まった本会議後の記者会見で「何年も、何国会もかけて申し入れをしているので、改革意欲のない分野には徹底的に反対する」と強調した。

 維新は、…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文736文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集