特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「患者激増に追いつかない」 保健所は飽和状態 入院待機92人 神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神奈川県の感染症対策協議会に参加した黒岩祐治知事(中央)=横浜市中区の県庁で2021年1月18日午後6時46分、樋口淳也撮影
神奈川県の感染症対策協議会に参加した黒岩祐治知事(中央)=横浜市中区の県庁で2021年1月18日午後6時46分、樋口淳也撮影

 新型コロナウイルスに感染し、神奈川県の基準で入院が必要と判断されても、待機を余儀なくされている患者が多数出ている。県によると1月中旬以降は90人台で推移し17日時点で92人だった。症状が急変する懸念があり健康確認が不可欠だが、感染者の急増で保健所の業務も飽和状態。新規感染者との連絡が一度もついていないケースが18日時点で124件あったという。県は「患者が激増する中でなかなか追いつかない」と危機感をあらわにしている。【樋口淳也】

 県内では18日、957人の感染が確認された。感染の拡大に歯止めがかからず、県の集計によると6割程度の感染経路が不明という。県内では17日時点で894人が入院しており、即応病床の利用率は、全体が90・67%と逼迫(ひっぱく)。重症患者向けは96・26%、中等症・軽症の患者向けは89・99%と危機的な状況だ。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1223文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集