連載

エンタメノート

お笑い、大衆芸能、放送などエンタメ全般を取材してきた、油井雅和記者が「舞台裏」をつづります。

連載一覧

連載 エンタメノート

沖縄島唄のレジェンド 胸に染みる情け唄の名手、大城美佐子さんをしのぶ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「琉球音楽祭」でトリを務めた大城美佐子さん=那覇市泉崎の琉球新報ホールで2019年5月11日(琉球新報提供)
「琉球音楽祭」でトリを務めた大城美佐子さん=那覇市泉崎の琉球新報ホールで2019年5月11日(琉球新報提供)

 地域文化、という言葉が頻繁に使われるようになって久しい。でも、地域文化とは具体的には何なのだろうか。沖縄には独自の文化がある。それは今も生きていて、よそから来た私たちをも楽しませてくれる。そう感じさせてくれた唄者の一人が大城美佐子さんだ。

 昨年の暮れ、12月20日にNHK総合テレビで放送された「民謡魂 ふるさとの唄」は、番組初の沖縄県、名護市での収録。司会の城島茂さんは三線に挑戦し、出演は、大工哲弘、夏川りみ、「童神(わらびがみ)」の古謝美佐子、よなは徹、現メンバーは6代目のネーネーズ、という顔ぶれ。その中心に大城美佐子さんはいて、冒頭には「めでたい節」、エンディングは「唐船(とうしん)ドーイ」を歌っていた。

 美佐子さんは実にお元気そうで、ソロでは代表的な情け唄(叙情歌)「ナークニー」、そして会いたい人への募る思いを歌った「白雲節(しらくむぶし)」の2曲を淡々と歌い上げた。

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1390文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集