連載

リモートワーク最前線

インターネットや柔軟な働き方の導入で「会社から離れて働く」ことが注目されています。「働くこと」はどう変わる?

連載一覧

リモートワーク最前線

子連れワーケーションを語り合う 25日にオンラインイベント開催

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1月25日開催「子連れワーケーションってどうやるの?」
1月25日開催「子連れワーケーションってどうやるの?」

 仕事と休暇を組み合わせた「ワーケーション」に興味があるけれど、子供がいるため挑戦できない、という悩みを持つ人向けに、オンラインイベント<子連れワーケーションってどうやるの?#働くを考えるvol.4>を1月25日(月)正午から開催します。子連れワーケーションを実践する司会者・登壇者とともに、成功の鍵や工夫したらいいことなどを語り合います。新型コロナウイルス禍の収束後、いち早く実践するために、今から準備を始めませんか。主催は読者とともに新たな働き方を探るコミュニティーNext Style Labと、毎日みらい創造ラボ。参加無料です。イベントへのお申し込みサイトはこちら(https://nextstyle06.peatix.com/)。【今村茜/統合デジタル取材センター】

 旅先で働くワーケーションは、リモートワークの浸透でIT企業の社員やフリーランサーを中心に広がりを見せていますが、子供がいる場合は「子供の預け先確保」が課題となり、実践が難しい現状があります。しかし、地方の小学校への体験入学やオンライン学習ツールの活用などで「教育のポータブル化」を実現し、子供同伴でワーケーションを実践する人も増えています。新型コロナウイルス感染拡大で中止になりましたが、親が働いている間に子供を預かる自然体験などのキッズアクティビティーがセットになった、ワーケーションツアーも複数企画されており、受け皿も広がりつつあります。

 イベントには、ワーケーション先の学校に小学生の子供を体験入学させたことで、親子ともに有意義な時間が過ごせたという、フリーランサーで「親子deワーケーション」主宰の児玉真悠子さん▽長崎県の五島列島でキッズデイキャンプ付きのワーケーションを企画した一般社団法人「みつめる旅」代表理事の鈴木円香さん▽組織に縛られず複数の仕事を本業とする「複業」を推進する一般社団法人「Work Design Lab」代表理事の石川貴志さんの3人をお招きします。司会は、2018年から自分1人で子供を連れて「ワンオペワーケーション」をしている記者・今村が務めます。

 子連れワーケーションは、親が働いている間に子供に多様な経験をさせることで、子供の成長を後押しする効果もあります。新型コロナ感染拡大で、すぐには難しいでしょうが、次の春や夏休みに向けて、新しい働き方や子供の学びの可能性を一緒に考えてみませんか。参加者からの事前質問も受け付けています。当日の参加が難しい場合には、見逃し配信で録画を視聴することもできます。ぜひお気軽にお申し込みください。

子連れワーケーションでは親が働いている間、子供に現地で多様な経験をさせることができる=和歌山県白浜町で2018年7月23日午後3時半、今村茜撮影 拡大
子連れワーケーションでは親が働いている間、子供に現地で多様な経験をさせることができる=和歌山県白浜町で2018年7月23日午後3時半、今村茜撮影

◇イベント概要

子連れワーケーションってどうやるの? #働くを考える vol.4

日時:2021年1月25日(月)正午~午後1時15分

場所:オンラインイベント(※お申し込みいただいた方に当日9:00までにZoomURLを送付します)※見逃し配信もあります

定員:100人 参加無料

申し込み:https://nextstyle06.peatix.com/

Peatixを使われない方の参加申し込み:https://forms.gle/3C36w91wtasYvwEz7

主催:Next Style Lab / 毎日みらい創造ラボ

■プログラム

11:50 オンライン開場

12:00 オープニング

12:05 児玉真悠子さん、鈴木円香さん、石川貴志さんの自己紹介

12:15 パネルディスカッション「子連れワーケーションってどうやるの?」

13:15 クロージング・閉会

■こんな方にオススメ!

・旅好きでリモートワークもできるのでワーケーションに挑戦したい!けれど子供がいるため実践をためらっている方

・夏休みや春休みなどに、子供を学童&保育園に長期預けることに罪悪感を覚えている方

・子供に多様な経験をさせたい方、親子ともに充実した旅時間を過ごしたい方

・2拠点・多拠点居住を検討中の方

・ワーケーションを企画する自治体・企業の方

フリーランスの編集者で「親子deワーケーション」を主宰する児玉真悠子さん=本人提供
フリーランスの編集者で「親子deワーケーション」を主宰する児玉真悠子さん=本人提供

■登壇者

児玉真悠子(こだま・まゆこ)

新しい働き方を実践するフリーランスの編集者&ライター。中学高校をドイツとフランスで過ごす。慶応義塾大学文学部人文社会学科を卒業後、2004年に出版社に入社し書籍編集者へ。2007年にダイヤモンド社に転職。主にキャリア系の書籍を手がける。2度の育休取得を経て「仕事も暮らしも犠牲にしない働き方」を模索し、2014年に独立。自治体の働き方改革プロジェクト系の編集業務を請け負う中で、地方創生に興味を持つ。2019年夏、山口県萩市で子連れワーケーションを10日間実施。預け先確保に課題を抱き、2020年1月、地元の小学校に体験入学できる点に魅力を感じ、長崎県五島市に6日間滞在。現在、旅行会社勤務の友人と共に、親子向けに特化したワーケーション先の開拓や企画、情報発信事業を行う「親子deワーケーション」を主宰。2児(小6と小2)の母。

一般社団法人「みつめる旅」代表理事の鈴木円香さん=本人提供
一般社団法人「みつめる旅」代表理事の鈴木円香さん=本人提供

鈴木円香(すずき・まどか)

一般社団法人みつめる旅・代表理事。1983年兵庫県生まれ。2006年京都大学総合人間学部卒、朝日新聞出版、ダイヤモンド社で書籍の編集を経て、2016年に独立。ニュースメディア「ウートピ」編集長、SHELLYさんがMCを務めるAbemaTV「Wの悲喜劇 日本一過激なオンナのニュース」レギュラーコメンテーター。旅行で訪れた五島に魅せられ、2018年に五島の写真家と共にフォトガイドブックを出版、2019年にはBusiness Insider Japan主催のリモートワーク実証実験、五島市主催のワーケーション・チャレンジの企画・運営を務め、2020年には第2回五島市主催ワーケーション・チャレンジ「島ぐらしワーケーションin GOTO」も手がける。その他、廃校を活用したクリエーター・イン・レジデンスの企画も設計、五島と都市部の豊かな関係人口を創出すべく東京と五島を行き来しながら活動中。1児(保育園年長)の母。

一般社団法人「Work Design Lab」代表理事で複業家の石川貴志さん=本人提供
一般社団法人「Work Design Lab」代表理事で複業家の石川貴志さん=本人提供

石川 貴志(いしかわ・たかし)

一般社団法人Work Design Lab代表理事/複業家。東京都内の大手事業会社で勤務のかたわら、2013年にWork Design Labを設立し「働き方をリデザインする」をテーマにした対話の場づくりや、イントレプレナーコミュニティーの運営、また企業や行政等と連携したプロジェクトを複数手掛ける。2017年に経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」選出。2018年にAERA「生きづらさを仕事に変えた社会起業家54人」選出。2020年には経済同友会の政策提言「多様な人材の活躍に向けた現状認識と課題」の中で「望ましい兼業・副業のあり方」の具体事例として唯一紹介される。(公財)ひろしま産業振興機構の創業サポーターや、(独)中小機構が運営するTIP*Sアンバサダー、順天堂大学国際教養学部グローバル・ヘルスプロモーション・リサーチセンターの客員研究員なども務める。3児(小4、小2、4歳)の父。

■司会

今村茜

2006年毎日新聞社入社。経済部や統合デジタル取材センターでビジネスや働き方の取材を進める。自ら子連れでワーケーションを体験したルポ記事の執筆を機に、リモートワークやワーケーションなど新しい働き方を模索する新規事業「Next Style Lab」を社内で発足。2020年4月からは記者を兼務しながら、オープンイノベーションを推進する「毎日みらい創造ラボ」で事業展開。3児(小4、小2、0歳)の母。

■キーワード

ワーケーション、リモートワーク、テレワーク、ワーク・ライフ・バランス、ワーク・ライフ・インテグレーション、複業、副業、パラレルキャリア、移住、多拠点、働き方、生き方、ニューノーマル

■本イベントについて

このイベントは、毎日新聞社が立ち上げた起業家支援プログラムである毎日みらい創造ラボが提案する、新たな働き方を探るコミュニティーNext Style Labが主催します。これからの時代をどう働き、生きていくかをさまざまな人と一緒に考え、実践し、毎日新聞の取材・執筆活動にも反映していきます。

■過去の活動

2020年12月14日「【多拠点&複業/海外編】転職13回のIT批評家に聞く!場所や組織に縛られず『自分ブランド』で生き抜くには~働くを考えるvol.3」

2020年11月16日「【働き方をアップデート!】ワーケーションって楽しいの?そのメリット・デメリット~働くを考えるvol.2」

2020年10月24日「【地方移住、ぶっちゃけどう?】多拠点&パラレルキャリアで人生をデザインする ~働くを考えるvol.1」

2020年1月16日毎日新聞社イベント「親子ワーケーションの可能性」

2019年11月27日毎日新聞社イベント「オフィスから離れて働く!リモートワーク最前線 おすすめの場所は?」

■オンラインウェビナーの視聴方法について

・WEB会議ツール「Zoom」を使用します。Zoom入室時間(イベント開催10分前)になりましたら、事前にお送りした配信URLよりお入りください。初めて利用される方や不慣れな方は、事前テストや早めの入室をおすすめします。

・視聴ができるのは、事前にお申し込み・ご登録いただいた方のみになります。また、録画・録音等についてはお断りいたします。

・チャット機能で質問を受け付けておりますが、誹謗(ひぼう)中傷等の不適切な発言はご遠慮ください。

・回線・機器の状況によっては通信が不安定になる可能性があり、映像や音声が乱れる場合もあります。あらかじめご了承ください。

■その他注意事項

・お申し込みいただいた情報は、今後のイベント開催等のご連絡に利用させていただきます。

・当日の様子は毎日新聞および毎日みらい創造ラボにて記事配信されることがあります。

・お申込時のアンケートにご協力をお願いいたします。

・イベント内容およびスケジュール等は、変更が生じる場合があります。

・可能な限りQ&Aにはお答えしますが、時間に限りがありますので全てにお答えできない可能性があります。類似質問などは回答を省略させていただくこともあります。ご了承ください。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集