漫画「タッチ」クライマックスの体育館、解体始まる 鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
解体工事が始まった鳥取市民体育館=鳥取市吉成3で2021年1月15日午後1時7分、野原寛史撮影
解体工事が始まった鳥取市民体育館=鳥取市吉成3で2021年1月15日午後1時7分、野原寛史撮影

 漫画家、あだち充さんの代表作「タッチ」のクライマックスの場面で描かれたことで知られる鳥取市民体育館(同市吉成3)の解体工事が進んでいる。跡地には新たな体育館が建てられ、2023年6月にオープンする。

 市民体育館は1973年に開業し、85年の「わかとり国体」など多くのスポーツで使用されたが、耐震強度…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集