新十両・王鵬 祖父・大鵬の命日飾れず「引いて負けるより前へ」 初場所10日目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから

 大相撲初場所10日目は19日、東京・両国国技館で行われた。「昭和の大横綱」と呼ばれた大鵬(2013年死去)の孫で、新十両の王鵬が祖父の命日に土俵に上がった。幕内経験のある大翔丸を相手に持ち味の突き押しで攻めたが、はたき込みに屈した。番付にしこ名が載ってから命日に白星を挙げたことはなく、「今日こそはと思ったが……」と悔しがった。

 王鵬は18年初場所で初土俵を踏んだ。191センチ、170キロの体格を生かした突き押しに定評があり、翌春場所から本名の「納谷」のしこ名で順調に出世を重ねた。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集