大栄翔9勝目 正代勝ち越しカド番脱出 朝乃山は7勝目 初場所10日目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
正代(右)が突き落としで遠藤を降す=東京・両国国技館で2021年1月19日、宮武祐希撮影
正代(右)が突き落としで遠藤を降す=東京・両国国技館で2021年1月19日、宮武祐希撮影

 大相撲初場所は10日目の19日、東京・両国国技館で開かれ、平幕の大栄翔は北勝富士を突き出し、9勝目を挙げた。10日目を終えて平幕の単独トップは2001年秋場所の琴光喜以来。大関・正代は遠藤を突き落として勝ち越し、カド番を脱出した。

 カド番の大関・朝乃山は玉鷲を寄り切って7勝目。大関・貴景勝は左足首…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

あわせて読みたい

注目の特集