がん克服83歳、学びは続く 病院選び、助ける情報提供研究

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自宅の書斎でパソコンに向かう清田政孝さん(画像の一部を加工しています)
自宅の書斎でパソコンに向かう清田政孝さん(画像の一部を加工しています)

 2人に1人ががんになるといわれる現在の日本で、治療を受ける病院をどうやって選ぶのか。どこでも等しくがん治療が受けられるよう、国は一定要件を満たした病院の整備を進めるが、選択のための情報を手に入れるのは難しい。この現状を改善しようと、膵臓(すいぞう)がんを克服した「がんサバイバー」の高齢男性が大学院で2年間、情報提供モデルの研究に取り組んだ。2020年春に学位取得後も大学院に籍を残し、研究を続ける。学びの最前線にいる「83歳」の日常から浮かぶものは――。

この記事は有料記事です。

残り1996文字(全文2225文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集