学校風土改革で教育長が危機感 宝塚市議会委 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宝塚市議会文教生活委員会が19日開かれ、市立中学校での生徒のいじめ自殺(2016年)や柔道部顧問の教諭による体罰(20年)などが相次ぐ学校風土の改革が議論された。森恵実子教育長は「チーム『学校』が実践できていない」と述べ、問題が発生した場合に全教職員で取り組めていない現状に危機感を表明。市教委が校長らのリーダーシップ…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集