連載

K原さんちの里山探検

鳥取県南部町で暮らす自然観察指導員の桐原真希さん一家。山陰の生きものたちと里山の暮らしをご紹介します。

連載一覧

K原さんちの里山探検

/44 ニホンノウサギ かわいい不法侵入者 /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
間違って捕獲されたノウサギの赤ちゃん。違法となるので発見しても連れ去らないように=桐原佳介さん撮影
間違って捕獲されたノウサギの赤ちゃん。違法となるので発見しても連れ去らないように=桐原佳介さん撮影

 2012年5月23日朝のことでした。主人が新聞を取りにいつも通り玄関を開けると、正面6メートル先にいる茶色くて大きなノウサギと目が合ったのです。

 お互いびっくりして、しばしフリーズ。先に我に返ったノウサギは、あわててフェンスに向かって走り出します。ところが、高さ40センチほどのコンクリートブロックの土台と、上部の格子状の金属フェンスとの間に開いていた約8センチの隙間(すきま)に挟まってしまいました。ノウサギは大パニック。可愛い尻尾を見せながら後脚をジタバタさせ、勢いでスポン!と脱出し、文字通り「脱兎の如く」逃げて行きました。

 早朝からの不法侵入者(?)は、フェンスに皮付きの毛を物証として残していきました。ウサギの仲間は天敵に襲われた時に逃げやすいよう、つかまれた際に毛や皮が取れやすくなっているとのこと。このフィールドサインはラベルを付けて保存しています。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1265文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集