特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ WHOと中国、初動遅れ 独立委「1月に措置取れた」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスへの対応を検証する世界保健機関(WHO)の独立委員会は18日、中間報告を発表し、中国当局とWHOによる初期対応の遅れや、米中など各国の政治対立が、パンデミック(世界的大流行)に悪影響を及ぼしたと指摘した。

 報告書は、中国については「中国の国家・地方当局は2020年1月の時点で、明らかにもっと強力な公衆衛生上の措置を取れたはずだ」と指摘。だが、具体的な問題点には言及していない。

 WHOについては、緊急事態宣言の発令が遅れたことに疑問を投げかけた。WHOは20年1月22日、新型コロナ対応について協議する緊急委員会を招集したが結論を持ち越し、1週間以上経過した1月30日に緊急事態宣言を出した。報告書は「なぜ初回で結論を出さなかったのか、理由が分からない」とした。一方で、新たな感染症が発生した場合、WHOに調査や支援などを十分に実施する権限がないことにも言及した。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文580文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集