特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ変異株、監視強化 政府、ゲノム解析増やす

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 感染経路が分からない新型コロナウイルスの変異株による「市中感染」とみられる事例が国内で初めて確認されたことを受け、加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、ウイルス検査や国立感染症研究所で行うゲノム(全遺伝情報)解析能力を向上させるなど変異株の国内での監視体制を強化する考えを示した。すでに政府は国内での広がりを調べるため、検体の一部を感染研に集めてゲノム解析しているが、検体数を増やすなど取り組みを加速させる。

 厚生労働省は18日夜、静岡県内在住の20~60代の男女3人が、英国で流行している変異株に感染したことを発表。3人は英国の滞在歴がなく、海外の滞在歴がある人との接点も確認されていない。市中感染したとみられる国内で初めてのケースで、昨年12月以降、空港検疫や海外からの帰国者との接触など感染経路が把握できた計44人の事例とは意味合いが異なる。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文1030文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集