連載

街角から

海外特派員がそれぞれの赴任先の「街角」で感じたことを届けるコラム。

連載一覧

街角から

スパイが住む街 欧州総局・服部正法

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
右から2軒目の青い壁の家が、ジョージ・スマイリーが住むという設定となった「バイウォーター街9番地」=ロンドン・チェルシー地区で、服部正法撮影
右から2軒目の青い壁の家が、ジョージ・スマイリーが住むという設定となった「バイウォーター街9番地」=ロンドン・チェルシー地区で、服部正法撮影

 数々の小説や映画の舞台となってきた英国の首都ロンドンでは、作品の登場人物ゆかりの地を訪れるファンも多い。有名なのは名探偵シャーロック・ホームズが住むベーカー街221B。この場所は博物館となり、熱狂的なファン「シャーロキアン」が世界中から訪れる。

 バイウォーター街9番地。この地名でピンとくる人はかなりのスパイ小説ファンだろう。ジョン・ル・カレが描く英国の老スパイ、ジョージ・スマイリーの住所で、富裕層の多いチェルシー地区の閑静な…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集