連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

足などに結節性紅斑=答える人・大島昇院長(渋谷駅前おおしま皮膚科・皮膚科)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 Q 足などに結節性紅斑

 娘が左膝と右足に痛みが出て、結節性紅斑と診断されました。ふくらはぎにもしこりができ、1カ月以上治らず、心配です。(大阪府、女性、68歳)

 A 安静が大切、再発することも

 結節性紅斑は皮下脂肪に炎症が起き、2~3センチほどの赤色のしこり(結節)が足や腕にできる病気です。触ると痛く、発熱や倦怠(けんたい)感、関節痛などの全身症状を伴うこともあります。20~30代の若い女性に多くみられます。

 患者の半数以上は原因がはっきりしないですが、溶連菌などの細菌やウイルスによる感染がきっかけとなることもあります。抗生物質や経口避妊薬など薬による発症や、白血病やリンパ腫、潰瘍性大腸炎やベーチェット病といった難病が原因の可能性もあります。結核によるバザン硬結性紅斑など似た病気もあり、病理検査で区別します。ただ、相談者の場合のように病理検査で結節性紅斑であることが分かっても、他の病気が原因の場合は血…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文720文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集