米国務長官、中国のウイグル弾圧「大量虐殺」認定 新政権に対中強硬路線継承

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ポンペオ米国務長官=藤井太郎撮影
ポンペオ米国務長官=藤井太郎撮影

 ポンペオ米国務長官は19日、中国政府による新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒の少数民族ウイグル族らの弾圧について、国際法上の犯罪の「ジェノサイド(大量虐殺)」であり「人道に対する罪」と認定した。中国の反発は必至だ。20日の政権交代を前にトランプ政権は駆け込みで認定し、バイデン新政権にも対中強硬路線を引き継ぎたい考えだ。

 ポンペオ氏は声明で、中国が遅くとも2017年3月以降、ウイグル人やその他の少数民族らに対する弾圧を「劇的にエスカレートさせた」と主張。そのうえで100万人以上を強制収容してきたと指摘し、不妊手術、強制労働、拷問、信仰・表現の自由への厳しい制限などを加えてきたとした。大量虐殺や人道に対する罪は「現在も行われている」とし、「弱い立場の少数民族らを強制的に同化させ、最終的には抹殺しようとしている」と強…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集