年に1度「寒糊炊き」 10年寝かせ文化財修復用に 100年たっても和紙傷めず 九州国立博物館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小麦でんぷんと精製水をかき混ぜる「寒糊炊き」
小麦でんぷんと精製水をかき混ぜる「寒糊炊き」

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)の文化財修復に使う古糊(ふるのり)を作る「寒糊炊(かんのりだ)き」が19日、同館であった。年に1度、気温が低く雑菌が繁殖しにくい大寒の頃に作っている。

 作業には国宝修理装潢師(そうこうし)連盟(京都市)に加盟する「修理工房宰匠(ざいしょう)」(筑紫野市)の技術者と館の職員が当たった。小麦のでんぷんと精製水をずんどう鍋に入れ、ガ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集