就活高校生、地元志向高まる 岩手・内定者7割が県内企業の理由

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
約7割が就職する花巻農業高校。廊下には地元企業に就職した先輩たちのメッセージが多く張り出されている=岩手県花巻市の花巻農業高校で
約7割が就職する花巻農業高校。廊下には地元企業に就職した先輩たちのメッセージが多く張り出されている=岩手県花巻市の花巻農業高校で

 就職活動に取り組む高校生の地元志向が高まっている。岩手労働局によると、2020年11月末現在で、就職が内定している高卒予定者2196人のうち、70%が岩手県内の企業に内定しており、過去10年で県内企業の割合が最も高い。なぜ県内企業を選ぶ高校生が多いのか。関係者に聞いた。【安藤いく子】

コロナ感染拡大影響

 同労働局の担当者は県内志向の高まりの理由を「今年度は新型コロナウイルスの影響」と分析する。県外の就職先は東京など関東地方が多く、コロナの感染が拡大している地域のため、心配した保護者の意向で県内に切り替えた生徒がいたという。生徒の約7割が就職する県立花巻農業高でも例年、平均で13~14人が県外就職を希望するが、今年度は9人だった。進路指導を担当する小池美香子教諭は「コロナの前まで県外を希望しながら県内に変更した生徒が、2~3人いた」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1041文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集