司法試験「初受験で合格」過半数に 受験・合格者数は12年以降で最少

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
法務省=本橋和夫撮影
法務省=本橋和夫撮影

 法務省は20日、2020年の司法試験合格者を発表した。受験者3703人(前年比763人減)に対し、合格者は1450人(同52人減)だった。合格率は39・16%で、前年比5・53ポイント上昇。法科大学院を修了して最初の試験で合格した人の割合は50・58%となり、初めて5割を超えた。

 受験者数と合格者数はいずれも新試験に完全移行した12年以降で最少を更新し、政府が15年に掲げた合格者の数値目標「1500人程度」を初めて下回った。合格者の年齢は20~69歳で平均28・4歳。男性1083人、女性367人。

 司法試験は、法科大学院を修了するか、経済的事情などで法科大学院に通えない人を想定した予備試験を通過すれば、受験資格を得られる。20年の合格者のうち、法科大学院修了者は1072人で、合格率は32・68%。予備試験通過者は378人で、合格率は89・36%だった。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1679文字)

あわせて読みたい

注目の特集