特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

医師会・病院団体が病床確保を協議 中小病院で受け入れ難しく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス感染症の病床確保に向けて、病院団体との対策会議に臨む中川俊男・日本医師会長(中央)ら=東京都文京区の日本医師会館で2021年1月20日午後4時2分、原田啓之撮影
新型コロナウイルス感染症の病床確保に向けて、病院団体との対策会議に臨む中川俊男・日本医師会長(中央)ら=東京都文京区の日本医師会館で2021年1月20日午後4時2分、原田啓之撮影

 日本医師会と病院団体が20日、新型コロナウイルス感染症の患者急増で逼迫(ひっぱく)する病床の確保に向けて対策会議を開いた。参加者は病床を増やす努力をすることで一致したものの、中小病院で患者の受け入れは難しいとの意見が多く、調整は難航しそうだ。

 参加した病院団体は、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、全国自治体病院協議会。菅義偉首相が病床確保の協力を要請し、日医が音頭を取って対策会議を設立した。

 会議後、中川俊男・日医会長は記者団に対し、「公立、公的、民間を問わず病床確保に努力しましょうと一致した」と述べ、協議を継続すると説明した。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文581文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集