バイデン大統領就任 米国を一つに、全霊注ぐ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
就任式で宣誓するバイデン米大統領=ワシントンで20日、AP
就任式で宣誓するバイデン米大統領=ワシントンで20日、AP

 米民主党のジョー・バイデン新大統領(78)が20日、首都ワシントンの連邦議会議事堂前で行われた就任宣誓式で、職務の遂行と合衆国憲法の堅持を宣誓し、第46代大統領に正式に就任した。宣誓後には「米国の結束」をテーマに演説。「人々に団結を呼びかけ、この国を一つにすることに私の全霊を注ぐ」と述べた。

 バイデン氏は史上最高齢での就任。副大統領には女性としても、黒人としても初めてカマラ・ハリス元上院議員(56)が就任した。バイデン政権では高官や閣僚ポストに多くの女性や人種的少数派(マイノリティー)が登用され、多様性を重視した布陣となった。

 バイデン氏は21分間の演説で、米国が▽新型コロナウイルス▽景気後退▽人種間格差▽気候変動――といった複数の「危機と困難」に直面していると指摘したうえで「私たちはこれを乗り越える」と強調した。40万人を超えた国内のコロナ感染死者を悼んで、国民に黙とうを呼びかける場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文825文字)

あわせて読みたい

注目の特集