廃棄羊皮で小物製作 頂いた命に感謝、手縫い仕立てに /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「サフォーク種」と呼ばれる羊の皮を使ったがまぐちと藤崎浩一さん=札幌市南区
「サフォーク種」と呼ばれる羊の皮を使ったがまぐちと藤崎浩一さん=札幌市南区

 捨てられるものに新たな価値を――。札幌市南区のレザーショップ「Fu′s room」がジンギスカン料理などに用いられる食肉用の羊の皮を使い、小物入れやキーホルダーといった小物を製作、販売している。経営する藤崎浩一さん(50)は「せっかく頂いた命。食べるだけではなく、少しでも多く活用したい」と語る。

 店内には所狭しとピンクや黄色のカラフルながまぐちが並ぶ。これらは全て、北海道士別市で飼育された黒い顔が特徴の「サフォーク種」と呼ばれる羊の皮を使用する。同市ではラム肉として年間約350頭が出荷され、肉は国内のレストランなどで消費されるほか、分厚い毛はセーターの素材として使われてきた。だが、皮は羊皮紙としてわずかに加工される以外は…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文789文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集