川霧の中、ハクチョウ羽休め 帯広・十勝川支流 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
川霧の中、羽を休めるハクチョウ=北海道帯広市の十勝川の支流で2020年1月20日早朝
川霧の中、羽を休めるハクチョウ=北海道帯広市の十勝川の支流で2020年1月20日早朝

 二十四節気の「大寒」を迎えた20日、帯広市では冷え込み、午前7時には氷点下16.9度を記録した。市内の十勝川の支流ではハクチョウ約100羽が羽を休め、立ち上る白い川霧の中、朝日を浴びた姿が浮かび上がった。

 ハクチョウは「クォ、クォ」と長い首を伸ばし、甲高い鳴き声を上げながら羽を大きく広げたり、川面…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文241文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集