「猫にマタタビ」→蚊を回避、解明 岩手大教授「行動奥深い」 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岩手大農学部の宮崎雅雄教授(46)らの研究グループが、マタタビを嗅いだ猫がゴロゴロと転がるのは、蚊を遠ざけるための行動であると突き止めた。論文は米科学誌「サイエンスアドバンシズ」に掲載された。19日に同大で記者会見した宮崎教授は、8年におよぶ研究を振り返り、「猫の行動に隠された意義があったのが非常に面白く奥深い」と語った。

 名古屋大や京都大、英リバプール大との共同研究で解明した。研究を始めたきっかけは名古屋大の西川俊夫教授が高校時代、猫がマタタビに反応することに興味を持ったことだったという。西川教授が、猫を専門に研究している宮崎教授を誘い、プロジェクトが始まった。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文650文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集