完熟かぼす、名産品に 爽やかな甘み、知る人ぞ知る美味 小鹿野の有志、料理イベントでPR /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「秩父黄金かぼす」生産者の栗原静男さん=埼玉県小鹿野町で
「秩父黄金かぼす」生産者の栗原静男さん=埼玉県小鹿野町で

 黄金色のカボスを召し上がれ――。小鹿野町の有志が、これまで生産者だけが味わっていた完熟カボスを「秩父黄金かぼす」と名付け、名産品にしようと取り組んでいる。緑色のカボスより果汁が多く、酸っぱさ控えめの爽やかな甘みが特徴。料理に取り入れ飲食店で提供するイベントも始め、知る人ぞ知る美味をPRする。

 「豊作だよ」。2020年12月上旬、黄色く熟した実に、生産者の栗原静男さん(80)が笑顔を見せた。カボスは大分県が全国生産量の9割以上を占め、秩父地域は新興の産地だ。通常は緑色の状態で9~10月ごろに出荷し、熟したものは商品として扱わなかった。「自…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

あわせて読みたい

注目の特集