特集

第100回高校ラグビー 京都成章(京都)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する京都成章(京都)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

準V・京都成章を表彰 市スポーツ優秀賞第1号に /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都市スポーツ優秀賞を受賞した京都成章の湯浅泰正監督(右端)、辻野隼大前主将(中央)ら=市役所で、中島怜子撮影
京都市スポーツ優秀賞を受賞した京都成章の湯浅泰正監督(右端)、辻野隼大前主将(中央)ら=市役所で、中島怜子撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で準優勝した京都成章に、京都市は20日、市スポーツ優秀賞を贈った。1日に新設された同賞の受賞は、京都成章が初。門川大作市長は「コロナ禍で家族やチームメートが応援に来られない、今までに無い状況だったが、感動の連続だった。きっと次につながる」と健闘をたたえた。

 大会は2020年12月27日~2021年1月9日、東大阪市花園ラグビー場で開催。7大会連続13回目の出場となった京都成章は、自陣に攻め込む相手に次々と襲いかかって動きを止める「ピラニアタックル」と呼ばれる堅い守りを武器に、初の決勝進出を決めた。決勝は15―32で桐蔭学園(神奈川)に敗れ、第85回大会の伏見工(現京都工学院)以来の府勢優勝はならなかったが、最後まで全力プレーをみせた。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文653文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集