連載

夢・華やかに

タカラヅカの華やかな舞台の様子を紹介します。

連載一覧

夢・華やかに

タカラヅカ 雪組「fffフォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-」 ベートーベンの心奥に迫る /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
天才音楽家ベートーベンの人生を全身全霊で演じた望海風斗
天才音楽家ベートーベンの人生を全身全霊で演じた望海風斗

トップコンビ退団公演 情熱的な望海、神秘的な真彩

 絶大な人気と実力を誇る宝塚歌劇の雪組トップスター、望海風斗(のぞみふうと)の退団公演となるミュージカル「fffフォルティッシッシモ―歓喜に歌え!―」(上田久美子作・演出)が宝塚大劇場で上演中だ。数々の不運に見舞われたベートーベン(望海)がなぜ至上の喜びを歌う「第九」を完成させることができたのか。ともに退団する真彩希帆(まあやきほ)演じる「謎の女」が物語の鍵となり、ベートーベンの心奥に迫る。2月8日まで。【文・稲田佳代、写真・山田哲也】

 フランス革命後の19世紀初頭、ベートーベンはコンサートで披露した新曲をオーストリア皇帝に献上するよう求められるが、すぐさま断る。彼は革命をヨーロッパ全土に広げるため戦う将軍ナポレオン(彩風咲奈(あやかぜさきな))に心酔しており、この交響曲「英雄」をささげるつもりだった。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文829文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集