特集

核兵器禁止条約

核兵器開発などを初めて全面的に禁じる核兵器禁止条約が1月22日に発効しました。核軍縮の前進につながるか注目されています。

特集一覧

核兵器禁止条約、あす発効 記念3行事、ウェブ視聴を /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
原爆ドーム前にキャンドルを並べ、核兵器禁止条約の成立を願うイベントが行われた=広島市中区で、山田尚弘撮影
原爆ドーム前にキャンドルを並べ、核兵器禁止条約の成立を願うイベントが行われた=広島市中区で、山田尚弘撮影

子どもが誓い、学生ら取り組み発表 22、23日

 核兵器禁止条約の発効に合わせ、広島市で22、23日に開かれる三つの記念行事は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためいずれも無観客で催される。一般参加は受け付けないもののウェブ配信される予定で、主催団体はパソコンなどでの視聴を呼びかけている。

 22日午後6時からは原爆ドーム(中区)前で、核兵器廃絶をめざすヒロシマの会などが「キャンドル・メッセージの集い」を主催。条約発効を歓迎するメッセージを、点灯したろうそくでかたどる。

 22日午後6時半からは平和記念公園(同)で被爆者7団体などが「核兵器禁止条約発効を喜ぶ子どもたちの会」を開き、市内在住の子どもたちが核廃絶への誓いを新たにする。いずれも国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の公式インスタグラム(https://instagram.com/nuclearban)で配信される。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1281文字)

【核兵器禁止条約】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集